読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17上映会

2016 'LIKE SEVENTEEN - Shining Diamond' in Japan PREMIUM MOVIE

と、日本公演決定の話。

 

参加回

12/12 19:00-

12/13 15:30- & 19:00-

@東京 TOKYO DOME CITY HALL

 

f:id:hey31:20161214001026j:plain

 

自分的一回目12日

蘇りました、8月のあの素敵な日々。

 

hey31.hatenablog.jp

生で初めて見て、そして推しに惚れた。あの感動と衝撃がブワワワワと。あぁこの子こんな表情してたな、この子はこんな良い顔して歌っていたんだ、この子はずっとニコニコとしていて可愛いな、この子はこの時あんな体調だったな、とか。色々、本当に色々と、今の私を狂わしている原因を見つけ出しました。

 

ホール前には限定カードを扇のように掲げている女子たち。楽しい。入場するとコッソリひっそりと置かれたファンレターBOX。「一応回収してますよ…」みたいな。

・座席:第一バルコニー最前。最高の席でした。

・埋まり具合:空席結構あり。みんな行かないのね…。

・ペンラ:3割ぐらいの人しか使ってない。

・スクリーン:思ってたより小さい。あれアリーナ横端の人見えたのでしょうか。別の上映会の時はもっとどデカイスクリーンだった気がした。しかし推しを大画面高画質で観れる喜び。

・音響:映像の中の歓声なのか、アリーナの人たちの歓声なのかわからなかった。本当にライブに来ていて本人たちがすぐそこにいるような錯覚!

 

本当にseventeenかっこよくて。あまりにもかっこよくて終始涙が出そうでした。何回見たって飽きない(あと2回観れる…)。ブンブンで推しのパートないんですけど!って怒ってたけど、なんかライブでは結構歌ってるし良いところ取りって感じだしもうどうでもいいやとなった。

 

上映の最後にセブチちゃんたちから最新のメッセージ動画。「どうでしたか〜?」とか可愛らしい動画。ジュンくんは後列右端の定位置。「またすぐ日本に行きます!」とのことで2月の日本公演決定のお知らせ〜〜!!!横浜アリーナ神戸ワールド記念ホール。2月に来るとは思ってた(願ってた)けど、やっぱりこんなに早く来てくれて、箱もドドンと太っ腹に大きくしてくれて。ありがとうプレディス、ありがとうseventeen。横アリ平日なのが難しいところ。カラット入会しているみんながチケット取れて座席も埋まるといいな。とりあえず神戸はホテルを取った。神戸最終日(日曜日)が14時公演なのが遠征オタクたちにありがたすぎて涙。今の所、神戸平日の2日間と横アリ2日間は行きたい、チケット当たって!

 

 

自分的2回目 13日15:30〜

・座席:アリーナ上手寄り

・埋まり具合:平日15時ということもあり、1列まるっと空席なところも。

 

自分的3回目 13日19:00〜

・座席:アリーナ後方下手側

・埋まり具合:ぼちぼち。

 

2日間、合計3回見ましたが飽きない。むしろまだまだ見たい。1曲目登場曲のシャダが本当に素晴らしくて素晴らしくて。心をガチっと掴まれる。今回はカメラのアングルも下からだったりと、セブチのダンス演出がかっこよく綺麗に映る素晴らしい映像でした。

 

今回の上映会に来ていた人たちの反応::

・ディノちゃん\かわいい…/

・ぶうちゃん\めっちゃ喋るやん/

・ハンソルくん\あぁぁぁ(笑顔)/

・ソクミン\あ〜!(感動の涙)/

・ミンハオ\いえっぽ!!/

・ミンギュ\ギャー!!(やっと出てきた!)/←腰負傷中だったためダンス不参加

・ウジくん\素敵♡/or\WOOOOZI!!!!!!/

・ホシくん\可愛いいいい/

・ウォヌ\顔/

・ジュン\かっこよすぎ?!/

・ジョシュア\あぎゃーー!(良いところでカメラに抜かれる)/

・ジョンハン\(長髪を懐かしむ悲鳴)/

・クプス\来るよ来るよ……来たアーー!待って無理かっこいい/

カラットの人もカラットじゃない人も来ていたので本当に反応と歓声が面白く楽しかった。

ボーカルチーム映像ではジョシュアくんが牛乳を飲む場面で「ミルク…w」「牛乳ww」とどの回でも笑いが起きて、コップから口を離した後の笑顔に皆様やられていました。あとはノーファン前の映像でジョンハンが壁を蹴って空中移動する所は「何故www」と毎回ザワザワしていた。

 

ライサンと日本のアーティストの歌を口ずさむ所がカットされていたのは悲しかった。ZICOさんの曲は大丈夫だけど東方神起さんまでいくとダメなんですね。

youtu.be

これを大スクリーンで見たかった。いや、実際実物を見たのに悲鳴あげすぎて全然覚えてない自分が悪い。

 

あとは、推しがスクリーンに抜かれた時に会場が盛り上がると本当に泣けるほど嬉しい。それが味わえただけでも今回お金を払ってスクリーンで何度も見た価値がある。

 

 

以上、2日間seventeenに浸らせていただきました。これからもお願いします、プレディス日本スタッフさん。